〒450-0002名古屋市中村区名駅三丁目24番14号 >> サイトマップ
 
 
審美歯科は特別なものではございません。
治療の方法、材質の質を上げることによって、キレイな歯を保つことができます。

材質にはセラミックを使った被せモノや歯自体の色を白くするホワイトニングなどを使いキレイな歯にするための提案をさせていただきます。

治療法としては
 ・セラミック・ラミネートベニア
 ・セラミック・クラウン
 ・ホワイトニング
などがあり、個々の説明を以下に記します。
セラミック・ラミネートベニア法は、歯の表面にラミネートベニア法と呼ばれる セラミックス製の付け歯をしっかりと接着させるものです。

歯の表面をわずか約0.5ミリほど削り、(削らない場合もあります)、削除した部分の歯型をとり、次回の治療時に歯型に合わせて制作されたオーダーメイドの薄いセラミックのシェルを、特殊な接着剤で装着します。
ラミネートベニアの薄さはわずか、0.5ミリ〜0.8ミリです。
・すきっ歯 (すき間のある前歯)
・変色した歯(ホワイトニングでは対応できない変色なども可能)
・テトラサイクリン系の変色
・虫歯
・軽くねじれている歯
・欠たり折れたりしている歯など
・噛み合わせに問題がある方

そのような場合は、ラミネートベニアの脱落の原因になるため、セラミックス
クラウン法、部分矯正などを行い歯並びを改善してからラミネートベニア法を
施すことをお勧めしております。
セラミックスという美しく自然な材質の特性を十分に生かして、歯の色やかたち、歯並びなどの美的要素を、天然の歯あるいはそれ以上の美しさに変えるもので、< セラミック・ラミネートベニア法 >と並んで、理想的な治療法のひとつとなっています。

金属アレルギーの方にも最適で、歯ぐきにもやさしく、透明感があって、より審美性に優れています。
セラミックとは陶材の事で、食器などに用いられるものです。そのため、水分の吸収が少なく変色しにくい、長い年月歯を白く保つのに適しています。

『 ホームホワイトニング 』は歯科医師の指示のもとに、患者さん自身が自宅で寝ている間に行なうことの出来る簡単な方法です。
まず、当院にて自分の歯の形に合わせて薄くやわらかいマウスピースを作ります。そのマウスピースに『 ホワイトニングジェル(6%過酸化水素)』を注入し、寝ている間に薬剤を歯に作用させ歯を白くします。
通常2〜4週間程度実行します。効果につきましては個人差があります。抗生物質の副作用など、先天的で内因的な変色に対しては大きな効果を期待出来ないかもしれません。 しかし、大多数の患者さんにおいては効果が確かめられています。
ぜひご相談ください。

1

まずは来院していただきお口の中をチェックして、本当にホワイトニングが適しているのかどうかをチェックします。

2   歯の表面が着色や歯石等の汚れをホワイトニング前にクリーニングします。
3   口腔内カメラでホワイトニング前の状態を記録します。
4   お口の形をとります。
5   後日マウスピースが出来上がり、ホームホワイトニングについての注意事項、取り扱い方をご説明いたします。
6   あとは、ご自宅でマウスピースにジェルをいれてお口の中にはめていただきます。
1

マウスピースをはめている時は飲食、喫煙はしないで下さい。
(熱でマウスピースが溶けたり、穴が開いてしまいます)

2   ホームホワイトニングは最低2時間以上連続で行って下さい。
(しかし、約5時間位でホワイトニングジェルの効果がなくなってきますので、長時間ご使用していただくよりも、回数をかけていただいたほうが効果的です)
3   ホームホワイトニング後30分は飲食・喫煙は避けて下さい。
4   ホワイトニングジェルは、涼しくて、小さなお子様の手の届かないところへ保管して下さい。
冷蔵庫に保管していただいて結構です。ただし、冷凍はしないで下さい。
5   歯がしみるときは毎日続けて使わず、2、3日に一回か1週間に 一回など、時間も短くして下さい。
6   慣れるまで2、3日しみる感じは続きますが、徐々に消えていき
ますので心配しないで下さい。
7   ホワイトニング中の不快症状として、歯がしみて痛い、歯肉が痛い、のどが痛いという方が若干いらっしゃいます。
このような症状が現れた場合は、すぐに連絡して下さい。
ただし、これらの症状は中断することにより、しばらくすれば治る ことが多いので心配しないで下さい。
ホワイトニングってなんですか?
歯のクリーニングをしてもきれいにならない歯の中の着色している部分を削ることなく歯の表面にホワイトニング剤をおくことで歯の色を白くしていく歯の漂白方法です。
マニキュアのように歯の表面に色を塗るわけではなく不自然な感じもありません。
歯が白くなる仕組みを教えてください。
歯の表面にホワイトニング剤(過酸化水素・・・消毒薬のようなものだと思ってください。)
を置くと成分から発生するフリーラジカル(活性酸素)により、歯の中の着色している汚れを分解することによって歯の色をそのものを白くしていきます。
ホワイトニングで歯はどれぐらい白くなりますか?
どれぐらい白くなるかには個人差がありますが、ほとんどの人はかなり白くなる効果が確認できています。
テトラサイクリンやフッ素症など、内因性の変色の場合は、もとの歯より白くはなりますが、あまり大きな効果は期待できないケースもあります。
そのような場合にはラミネートベニアという方法もありますので、歯科医にご相談ください。
クリニックでは一人ひとりの患者さんのニーズ、理想のゴールをどこに設定するかによって、最適な治療法をご提案します。
どんな人でもホワイトニングはできるのですか?
妊娠している可能性がある方や、妊娠中、授乳中の方、知覚過敏のひどい方、歯が発達していない子供はホワイトニングは避けられたほうがよろしいかと思います。
神経を取って黒ずんでいる歯も白くなりますか?
虫歯の治療などで歯の神経を取ったり、歯を強くぶつけて神経が死んでしまうと、歯はだんだん黒ずんできます。
これは歯の神経の中にあった血液が象牙質に入り、ヘモグロビンから鉄イオンが遊離するために起こります。
このような歯もホワイトニングである程度白くすることはできますが、限界はあると思います。
そのような場合には、黒ずんだ歯のみを内側からホワイトニングをするか、ほかの歯をホワイトニングで希望の白さにしてから、神経を取った歯をラミネートベニアやセラミッククラウンで白い歯にすることで、全体的にバランスのとれた、きれいな口元に整えることができます。
差し歯や虫歯、詰め物は白くなりますか?
ホワイトニングが有効なのは天然の歯に限られます。セラミックやプラスチック、金属などがかぶっている歯や、虫歯の治療あとの詰め物など、人工的なものに対してはホワイトニングで白くすることができません。差し歯や詰め物などを白くしたい場合には、セラミッククラウンやセラミックインレーを使用してかぶせ直したり、詰め直すことが必要です。
先天的な変色によって縞模様(しまもよう)のようなものができているのですが、ホワイトニングで白くなりますか?
先天的な変色はホワイトニングによって効果はありますが、縞模様(しまもよう)は、ホワイトニングによって消えませんので、ホワイトニング後どうしても気になるような場合は、ラミネートベニアやセラミッククラウンなどの治療をご検討下さい。
ホワイトニングしたあと、どれぐらい白さを保てますか?
個人差はありますが、きちんとメンテナンスをしていれば白さをキープすることができます。
時間の経過とともに、歯の白さは少しずつもとの色にもどる傾向があります。
定期的にホワイトニングを行えば、それだけ白さが長持ちします。
ホームホワイトニングなら1ヶ月に1〜3日程を目安に行うようにしましょう。
ホワイトニングした後の食事には制限がありますか?
基本的には、白いシャツにこぼして色がつくものはさけたほうがよいでしょう。
ホワイトニング直後は歯の象牙質の水分が脱水されていますので、それだけ水分を吸収しやすい状態です。
ですから色の濃い飲食物を口に入れるとそれが歯に吸収され、ホワイトニングをした意味がなくなってしまいます。
ホームホワイトニング後で最低30分は着色の強い飲み物や食べ物、タバコなどは控えるようにしてください。
ホワイトニングは安全ですか?
ホワイトニング剤の主要部分である過酸化水素、過酸化尿素は消毒用に用いられるもので、安全性についてはADA(アメリカ歯科医師会)、FDA(アメリカ政府食品医薬品局)でも認められており、アメリカでは1000万人以上の人が使用しています。
歯科医や歯科衛生士の指示を守って使用することが大切です。

※また、当院で使用するホームホワイトニングジェルは、厚生労働省の許可を受けております。
ホワイトニングは歯がしみたり、痛むことはありませんか?
健康な歯では、まず痛みが出ることはありません。
知覚過敏の傾向がある方、歯が磨耗して象牙質が露出していたり、ひび割れがあるというような場合には刺激が伝わりやすくなりますので、しみたり、痛みを感じるなどの副作用が出るかもしれません。
歯が特に薄い、歯質が弱いという方も同様のことがあるかもしれません。
しみる、痛むといった不快症状が出た場合には1度ホワイトニングを中止したり、何日かあけて繰り返すようにする、ホワイトニングジェルの量を少なくするといった指導を行っています。
ホワイトニングによる不快症状は一時的なもので、中断すれば徐々におさまりますので、それほど心配する必要はありません。
ホームホワイトニング剤を飲んでしまったのですが。
ホームホワイトニングジェルは、低濃度の過酸化水素か過酸化尿素なので体にはほとんど影響はないとされています。
歯磨きはどうすればいいでしょうか?
ホワイトニング後の歯磨きは普段どおり食後丁寧にして下さい。
 
トップページ医院名の由来院長紹介副院長紹介スタッフ院内紹介治療のはじめにインプラント
予防歯科レーザー治療審美歯科症例紹介アクセス趣味の部屋ブログリンク
(C) Copyright 2005 Koufuku Dental Clinic all rights reserved.