健康な歯を維持する
~予防歯科~

  • TOP  > 
  • 健康な歯を維持する~予防歯科~

お口の健康を保つためのメインテナンス

お口の健康を保つためのメインテナンス

末永く歯の健康を維持するためには、日頃のメインテナンスが重要です。虫歯や歯周病は、ご自宅のケアだけでなく歯科医院でのケアを受けることで、発症のリスクを最小限に抑えることができます。「虫歯や歯周病になってから」ではなく、「虫歯や歯周病になる前に」を心がけ、歯科医院の予防歯科を活用しましょう。名駅から徒歩5分の歯医者「興福歯科医院」では、プロの手によるクリーニングをはじめとした予防歯科を行っています。

プロの手によるクリーニング歯の「PMTC」

虫歯や歯周病予防の基本は毎日のブラッシングですが、人それぞれに磨き方のクセがあり、歯の溝の奥など歯ブラシが届きにくい場所もあるため、どうしても磨き残しが出てしまいます。そういった場所まで徹底的に磨き上げられるのが、歯科医院で受けられる「PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)」です。PMTCでは、お口のお手入れのプロである歯科衛生士が、専用の器具や特殊ペーストなどを用いてクリーニングします。

PMTCは虫歯の予防や歯周病の予防・改善、口臭予防にも効果があります。また、歯の質を強くすることで虫歯になりにくくし、汚れのつきにくいツルツルの歯を保つことができます。タバコのヤニや食事の際に付着した食べ物の色などを落とすことも可能です。ご自宅での毎日のケアとPMTCを組み合わせることで、高い効果を得ることができます。

PMTCの手順
STEP1お口の中のチェック
はじめに患者さんのお口の中を診査し、歯や歯茎の状態、磨き残しの有無などをチェックして、現状をご説明します。
STEP2歯石や着色の除去

STEP2お口の中のチェック

専用のクリーニング器具を使用して、歯石や歯の表面の着色を除去していきます。

STEP3仕上げ磨き

STEP3仕上げ磨き

専用のジェルと器具を使い、歯の表面をツルツルに磨き上げます。

STEP4ホームケアの再確認

STEP4ホームケアの再確認

一人ひとり異なるお口の環境に合わせ、おすすめの歯ブラシの硬さや、歯間ブラシを使ったケア方法、研磨剤を使わず歯にやさしい歯磨き粉など、適切なケア方法をご案内します。患者さんのお口の状態に合わせて、お薬を「処方」するように、歯ブラシやそのほかの器具などをご提案したいと思っておりますので、分からないことはお気軽にご相談ください。

「ながら」でも大丈夫。まずは気軽にブラッシングを!

「ながら」でも大丈夫。まずは気軽にブラッシングを!

忙しい毎日の中で、夜に歯を磨かず、朝出かける前にだけブラッシングする習慣がついてしまっていませんか? 寝ている間は殺菌効果のある唾液が分泌されにくくなり、虫歯菌や歯周病菌が活発になるタイミングです。歯を磨かず、お口の中が不衛生な状態のまま寝てしまうと、虫歯や歯周病のリスクが大幅に上昇してしまいます。就寝前のブラッシングは非常に重要なのです。

まずは、テレビを見ながら、雑誌や本を読みながらでも構いません。寝る前のちょっとした時間に「ながら磨き」をして、お口の中をキレイにしてから寝るようにしましょう。就寝前や起床後にもお口の中がサッパリと爽やかに感じられて、気分も変わってくるはずです。まずは気軽に始めるところから、習慣づけていきましょう。続けて行くうちに、磨かないと気持ち悪くて眠れない!と思えるようになったら、予防習慣がついた証です。

PICK UP!予防の大切さを再認識された患者さんからのお便り

予防の大切さを再認識された患者さんからのお便り

患者様:65歳 男性

数年来、当院に通っている患者さんでしたが、久しぶりに来院され検診をしたところ 数本の虫歯と、磨き残しによる歯周炎がみられました。

ブラッシングと食習慣チェックを行ったうえで治療へ移ったとき、患者さんご自身で作られたお手製のチェックリストを見せていただきました。「修正点があれば教えてほしい」とのことでした。

見事な内容でしたので、「すばらしい、ご自身の歯のためにこれを習慣づけてください」とお伝えしました。予防の大切さをご理解頂けたようで、大変感動しました。これからも続けていっていただきたいです。

習慣 = 意識した体験 x 回数

習慣とは、意識した体験を重ねた回数で表されると聞いたことがあります。意識すれば変えられる、まさしくそれが当てはまる気がしました。

衛生士さんにも感謝、感謝です。
(院長より)

予防歯科の症例紹介はこちらから